スペシャルワインから選ぶ

  • Old Vintage オールドヴィンテージ
  • Premium Wine 数量限定ワイン

ブランド BRANDS

  • Caymus Vineyards
  • Schramsberg
  • Inglenook
  • Silverado
  • Paul Hobbs
  • Hahn
  • Grgich Hills
  • Girard
  • Far Niente
  • Clos Pegase
  • Coppola
  • Turnbull
  • Vine Cliff
  • Screaming Eagle
  • Freeman
  • Failla Wines
  • Opus One
  • kistler
  • hall
  • Chateau Montelena
  • DARIOUSH
  • Frog's leap
  • Star Lane
  • Pisoni
  • Slaon
  • Duckhorn
  • Peter michael
  • Nakamura Cellars
  • Chasseur Wines
  • Shafer
  • Navarro Vineyard
  • Navarro Vineyard
  •      
  • Scarlett Wines
  • INTO Wines
  • Meiomi
  •      
  • Rochioli
  •      
  • Scarecrow
  • Scarecrow

PRICE
  価格

TOP > オールドビンテージ > '96 ロキオリ ジンファンデル ソーディニ ヴィンヤード

'96 ロキオリ ジンファンデル ソーディニ ヴィンヤード

'96 ロキオリ ジンファンデル ソーディニ ヴィンヤード '96 ロキオリ ジンファンデル ソーディニ ヴィンヤード
'96 ロキオリ ジンファンデル ソーディニ ヴィンヤード '96 ロキオリ ジンファンデル ソーディニ ヴィンヤード
  • 商品名(原語)
    1996 Rochioli Zinfandel Sodini Vyd
  • ブランド名
    ロキオリ(Rochioli)
  • 種別
    赤ワイン
  • 生産地域
  • ブドウ品種
    ジンファンデル
  • アルコール度数
    13.5%
  • サイズ
    750ml
商品コード : 2999991001067
価格 : 19,000円(税込)
ポイント : 190
数量    残りあと1個
 

1万円以上は配送料無料

ボディ ライト フル
味わい 辛口         甘口
タンニン 少ない     多い
 
 
『ソディニ・ヴィンヤード』 はなんと1905年植樹という樹齢100年近くにもなる古代樹が植わっていた畑。
ロキオリはここからのジンファンデルを少量生産にて(年産『400ケース』ほど)リリースしていましたが、
90年代を以って "生産終了" となってしまったため、
現在では新たに入手することができない大変貴重な絶版ワインとなっています。
即ち年号に関わらず入手難なワインなのですが、
今回ご案内する'96は、【パーカーポイント92-94点】の同銘柄歴代No.1ヴィンテージというまさに宝石ワイン。
ロキオリの単一畑ワインはいずれも極希少アイテムとして知られていますが、さらに生産終了品という幻のボトルです。

               
【ロキオリ】 ≪Rochioli Vineyards & Winery≫
 
●存在そのものが伝説…。 現状、カリフォルニア・ピノのNo.1とも言える銘醸地、ソノマはルシアン・リヴァー・ヴァレー。
今でこそこの揺ぎ無い名声を確立する地域ではありますが、ロキオリ・ファミリーは70年近くも前の1938年からと、
この地の力をいち早く見抜き、長くブドウ栽培を専門に行い、多くの著名なワイナリーにブドウを販売してきました。
1984年、当時の頭首ジョー・ロキオリによって自らの瓶詰め開始を決断したときから、この造り手の伝説は始まりました。
ルシアンリヴァーでも別格と呼ばれていた彼らのブドウは、醸造家ゲアリー・ファレルの指導もあり、
傑出したワインに完成。数年でたちまち店頭にならばぬメーリングリスト登録者への希少銘柄に変貌したのです。


▼ロキオリ・ヴィンヤード&ワイナリー(Rochioli Vineyards & Winery) 彼らの「別格」と呼ばれるフルーツは、
ロキオリが自ら瓶詰めを開始した後も欲しがるプロデューサーが絶えず、
そしてそれがあまりに多いことから、果実を販売するのみならず、畑の一部をレンタルとして貸し出してもいます。
それらを利用しているのは 『ウィリアムズ・セリエム』 『ギャリー・ファレル』 ら。
その他のクライアントにも 『シャトー・スーヴェラン』 『カスタリア』 『バニスター』 といった錚々たるトップ・プロデューサーたちが名を連ねます。
オーナーはトム・ロキオリですが、葡萄の栽培の実権を握っているのはお爺ちゃんとなったジョー・ロキオリ。
彼の葡萄への、そしてワインへの愛嬢はとめどなく深く、ワインはぶどうを自然な形で、
人の手を加えることなくそのままに仕立て上げる努力を惜しみません。
彼が尊敬されるのは、ワイン作りのスタイルのみならず、人間性にまでも及びます。
彼には「私は凄いワインを造っている」などという自負は微塵もありません。
「こんなにいいワインになる葡萄に囲まれて幸せだ」なんて語ってしまう人なんです
。そんな彼の人柄に、そして素晴らしい葡萄に魅せられる人が溢れるのは当然。
ロキオリのワインは恐ろしく入手困難で、現地のワイナリですらも購入することはできません。
パーカーも「ロキオリが欲しければメーリングリスト登録を」と、店頭に並ぶことの無いこのワインを嘆いているファンの一人です。