スペシャルワインから選ぶ

  • Vintage Wine ヴィンテージワイン
  • Premium Wine 数量限定ワイン

ブランド BRANDS

  • Caymus Vineyards
  • Schramsberg
  • Inglenook
  • Silverado
  • Paul Hobbs
  • Hahn
  • Grgich Hills
  • Girard
  • Far Niente
  • Clos Pegase
  • Coppola
  • Turnbull
  • Vine Cliff
  • Brewer Clifton
  • Screaming Eagle
  • Freeman
  • Failla Wines
  • Opus One
  • kistler
  • hall
  • Chateau Montelena
  • DARIOUSH
  • Frog's leap
  • Star Lane
  • Pisoni
  • Slaon
  • Duckhorn
  • Peter michael
  • Nakamura Cellars
  • Chasseur Wines
  • Shafer
  • Navarro Vineyard
  • Navarro Vineyard
  •      
  • Scarlett Wines
  • INTO Wines
  • Meiomi

Brewer Clifton

Brewer Clifton
logo

サンタ・バーバラ・カウンティのテロワールへの熱い想いから生まれたブリュワー・クリフトンは、1990年代の初めにグレッグ・ブリュワーとスティーヴ・クリフトンによって設立されました。このビジネス・パートナーの二人はサンタ・バーバラ・カウンティの多数のワイナリーでワインセールスとワイン造り両面の経験を多く積んできましたが、そのオーナーの望むワイン造りをするだけでなくこのエリアのブドウの限界に挑戦したいと感じていました。そして彼らはこのエリアの最高の畑のエッセンスをボトルに詰めたいと思いワイナリーをスタートさせました。

グレッグとスティーヴはサンタ・リタ・ヒルズ・アペレーションの中で厳選されたシングルヴィンヤード・ピノ・ノワールとシャルドネの生産だけにフォーカスしています。このエリアの長い生育期と海洋性土壌をベースとした多様性のある土壌のコンビネーションがダイナミックで純度と精度をもった驚くべきワインを造ります。それぞれの畑はその土地の血統が十分にワインの中に表現されるように育てられています。

二人の努力の結晶に加えて、スティーヴ・クリフトンはイタリアン・ヴァラエタルに特化した彼自身のワイン「パルミナ」も生産しています。グレッグ・ブリュワーは彼自身のワイン「ダイアトム」の他に、サンタ・リタ・ヒルズで自社畑のピノ・ノワールとシャルドネ、シラーを造っているワイナリー「メルヴィル」でもワインメーカーとしてワイン造りをしています。

  • 写真 1
  • 写真 2
  • 写真 3

ワイン造りの哲学
“畑の本質をできる限り明快に正直に伝えることが第一の目標です。”

ブリュワー・クリフトンでは自然への最上級の尊敬の念を持っています。自然の産物を扱う時は私達の理解やコントロールを超える要素や現象を認識し続ける事が必要だとグレッグとスティーヴは信じています。

ブドウは生理学的完熟に達した時、厳しい選別をしながら収穫されます。ブドウは収穫された時の早朝の冷気の冷たさを失わないように迅速にワイナリーに運ばれます。

ピノ・ノワールは100%全房発酵で30日から35日間発酵槽に入っています。その後、7日間のコールドソーク、2週間の発酵、10日かそれ以上の醸し、プレス後ワインはそのまま樽に移されます。樽はニュイ・サン・ジョルジュのシルジュのクーパーのものだけを使っています。発酵終了後は、澱が自然にゆっくりと樽の底に溜まるのを待ちます。ワインはできる限り長い時間この澱と接触し熟成させます。

澱引きは重力の力で夏至直後の下弦の月のタイミングで行われます。この時期はワインの状態が最も落ち着く時期です。太陰周期(月の満ちかけの周期)の引力は、潮の干満や樹の樹液、人間の体液、その他全ての液体に何らかの影響を与えているのは明らかです。

全てはワインが造られる畑の畝の中にあります。ブリュワー・クリフトンの第一の目標は畑の本質をできる限り明快に正直に伝える事です。彼らが幸運にもワイン造りに携わり出来上がったワインにはブリュワー・クリフトンの名前も付けられていますが、最終的に重要なのは最重要事項を保持する畑の名前であります。

logo

全0件