片岡鶴太郎さんとワイン蔵TOKYO

2008年10月 日本国際ワイン文化協会主催でカリフォルニアワインと共にお食事を楽しむという会がありました。総勢150人の皆様の前で一言だけお話させていただいた中に、片岡鶴太郎さんが私の話に耳を傾けてくださっていました。

ワインもなんとか好評だったようで、皆、ほろ酔いになってきた頃、鶴太郎さんと直接お話できるタイミングがありました。新橋でカリフォルニア専門のワインバーを営んでいることをお伝えすると、「今度必ずお店にお伺いしますから!」と固い握手をしてくださいました。タレント、プロボクサー、俳優、画家としてマルチな才能を持つ鶴太郎さんの第一印象は、「誠実」でした。

会が終わり、電車で店に戻った時に事、私は目を疑いました。さっきまで同じ場所にいた鶴太郎さんがカウンター越しに座っていて、にっこりと微笑みながら「中川さ~ん」と手を振っていたのです。目が点になっている私を見て、鶴太郎さんは「今度伺いますからって言ったじゃないですか」って。これ以上、鶴太郎さんのことを語らなくても、この事だけで「片岡鶴太郎さん」という人物像をイメージしていただけると思います。
私がはじめて口にしたカリフォルニアの白ワインは「KISTLER」のシャルドネでした。ヴィンテージは覚えていませんが、今でもその時の味わいが舌に残っています。口にふくんだその時の衝撃からカリフォルニアワインに魅了され、今日があります。
そんなカリフォルニアワインを通じて出会った鶴太郎さん。これも何かのご縁と心に刻んだ一昨年の出来事でした。

(写真)、昨年、片岡鶴太郎さんご来店時に書いていただいた私の似顔絵です。

ワイン蔵●TOKYO

2007年7月3日にワイン蔵TOKYOがオープンして2年半、カリフォルニア専門のワインバーとして新橋に店舗を構え、カリフォルニアワインの普及・布教活動もお陰様で少しずつ広がりを見せ始めてきました。

カリフォルニアワインの普及の為、年数回の講演活動に加え、昨年は店を1週間閉めてスタッフ全員でナパヴァレー研修なども行いました。現場主義を貫き、毎日店に立つことで分かったことは、着実にカリフォルニアワインの愛好家が増えていること。2ちゃんねる、ミクシィー、そして今ではツイッターでもカリフォルニアワインの話が出るようになりました。

昨年はナパヴァレーを舞台とした映画「サイドウェイズ」も話題となりました。今年もボジョレー解禁というニュースが流れ、カウントダウンと共に今年の出来はどうだったとか語られる祝い事が、いつの日か、今年のカリフォルニアワインの出来はどうだと口にする新橋のサラリーマンがブラウン管(液晶かな)に映しだされる日がくることを強く願っています。

ワイン蔵TOKYOはカリフォルニアワインの情報発信基地と勝手に位置付けています。フランスワインにはフランスの良さがあり、イタリアワインにはイタリアの良さがあり、ニューワールドと言われたカリフォルニアワインにもカリフォルニアの良さがあります。まだまだ出来たての若いお店ですが、カリフォルニアワインの魅力をこのブログを通じてお伝えできればと考えています。

今後ともワイン蔵●TOKYOをよろしくお願い致します。
オーナー 中川